FC2ブログ
愛知県名古屋市西区で活動するソフトボールスクール S-One Club【エスワンクラブ】公式ブログ。当スクールの講師 原 聖(はらさとし)がお伝えしていきます。※旧 名西スマイリーズ監督ブログ

「長所と短所」

短所よりも長所を伸ばすのか?
それとも、長所よりも短所を改善させるのか?

これは・・・
スポーツの現場だけでなく、日常のあちこちで出てくる話です。

長所ばかりで、短所が見当たらない人はいないと思いますし、
逆に、短所ばかりで長所のない人もいないと思います。

この、長所と短所が絡み合って、その人の個性となるのですが・・・
「長所と短所」だけが、個性だと勘違いしてはいけません。

スポーツをやる上で、まず大切なことは「基礎の徹底」にあります。

小学校の時期の、早熟な選手に多く見られるのですが・・・

例えば、野球の場合・・・

明らかに、故障につながるような投げ方をしているにもかかわらず
単に球が速いからという理由で、エースピッチャーに立てているチームを見かけたりします。

球の速さだけが注目され、その球の速さを持って三振の山を築いていくので、
保護者の方も大喜び、指導者も結果が付いてきて、思わずニッコリしてしまいがちですが・・・

後年、通常の成長をしてきた選手が身体能力的に追いついたときに、
逆に見劣りする選手になってしまうばかりか、
最悪の場合・・・故障によって投手生命を絶たれてしまうケースを多く見ます。

この原因は、正しい動作でボールを投げる・・・という基礎がしっかりと出来ていないことです。

最近では、投手の球数制限を設けている団体やチームも増えてきてはいますが・・・
それ以前に、やはり理にかなったフォームで投げることが出来ているか、どうかをしっかりと見極め、出来ていない子に対しては、出来るようになるまで根気よく指導していく事が重要ですね。

投げる事ばかりではなく、捕る事、打つ事、走る事・・・
すべての選手には、とにかく基礎を徹底させる必要があります。

この「基礎」という土台をしっかりと作り上げていく作業の中で・・・
選手個々の長所や短所を考慮し、ふだんの練習やゲームでの課題を与えていきたいですね。

そして、基礎がしっかりと出来た段階で、さらに長所を伸ばし、短所を改善する・・・

しっかりとした基礎の上にある長所と短所があって、
はじめてその選手の個性が光るための土台となると思います。

基礎ができていないうちから、長所だけに頼るソフトボールは避けたいですね。

ところで、この「長所や短所」は、傍から見ていると気付きやすいのですが・・・
本人は自覚していないケースが多いです。特に小学生年代は、その傾向が強いです。

また、短所だと思っているところが、実は長所だったりすることもよくあります。

普段から、選手の良いところや悪いところを会話の中に織り交ぜながら・・・
自覚させるように指導していきたいですね!
スポンサーサイト



2012-04-18 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

エスワンクラブ ソフトボール講師

Author:エスワンクラブ ソフトボール講師
名古屋市西区で活動しているソフトボールスクール S-One Club【エスワンクラブ】のヘッドコーチ(監督)のブログです。

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

日本ブログ村 ソフトボール