FC2ブログ
愛知県名古屋市西区で活動するソフトボールスクール S-One Club【エスワンクラブ】公式ブログ。当スクールの講師 原 聖(はらさとし)がお伝えしていきます。※旧 名西スマイリーズ監督ブログ

きっかけ作り・・・

以前・・・
自分でプレーをする傍ら、ある子供会のソフトボールの指導をしていた時期がありました。

子ども会の指導ですから・・・練習の期間や日数、時間には制約があります。
約2ヶ月間、毎週土日の2時間くらい・・・と言ったところでしょうか?

子ども会なので、ソフトボールが好きな子ばかりではありません。
中には・・・人数確保のため、仕方なく練習に来る子もいます。

クラブチームや部活動のように、
多少なりともソフトボールに興味がある子が集まっている・・・
そんな指導環境ではない事は確かですね。

加えて、近年の少子化の影響で
子ども会同士が、合併でチームを組む事もあり
そうなると、それぞれの歴史、チームカラー、考え方が違うので・・・
子ども会チームを指導するのは、かなりの苦労と辛抱が必要でした。

そんな子供会の指導ですが、私がずっと心掛けていた事は・・・
子ども会ソフトを通じて、野球やソフトボールをするきっかけ作りになれば・・・と言うことでした。

もちろん、学区の大会や区大会があるので、チームとしては1番を目指して練習はしました。

その成果が「優勝」という形で表れた時は、やっぱり嬉しかったですね。

しかし、私はそれよりも
関わった子どもたちが、子ども会ソフトをきっかけに・・・
野球やソフトを本格的に始めた・・・そんな微笑ましい話を聞いた時が、一番の至福でしたね。

何年か前に、子ども会で5ヶ月間だけ指導した、ある女の子の話をご紹介します。

その子は、当時6年生。
私が教える子ども会とは、違う子ども会に在籍していましたが・・・
合併で、その年は一緒にソフトをしました。

その女の子は、5年生までは、たとえソフトの練習があっても
お母さんがどこか買い物に行く時には、練習を休んで、一緒に付いて行ってしまう・・・
そんな子でした。

それが、6年生になり、私たちと同じ子ども会で練習するようになったある日・・・
お母さんが、いつもの様に買い物に出かけるので、その女の子に声を掛けてみると

「私はソフトボールの練習に行くから・・・お母さん一人で行ってきて・・・」

お母さんは、わが子の言葉と心境の変化に、びっくり!したそうです。

確かに・・・
彼女の、練習中の眼差しは真剣そのものでした。。。

やがて・・・
その女の子は自ら、お父さんにキャッチボールの相手をせがむようになり・・・
その腕前は、短期間にメキメキと上達していきました。

その年・・・チームは学区で優勝。

その後、区大会を目指して、6~8月の熱い時期に練習をしましたが・・・
その子は1日も休まず、一生懸命に練習に来ました。

残念ながら、チームとしては、2回戦で負けましたが・・・

そして一年後・・・
中学に入ってからもソフトボールを続けてくれてました!

キャッチャーをしている姿を見た時は、さすがに嬉しかったですね!

たかが子ども会・・・
されど子ども会・・・です。
スポンサーサイト



2012-04-14 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

エスワンクラブ ソフトボール講師

Author:エスワンクラブ ソフトボール講師
名古屋市西区で活動しているソフトボールスクール S-One Club【エスワンクラブ】のヘッドコーチ(監督)のブログです。

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

日本ブログ村 ソフトボール