FC2ブログ
愛知県名古屋市西区で活動するソフトボールスクール S-One Club【エスワンクラブ】公式ブログ。当スクールの講師 原 聖(はらさとし)がお伝えしていきます。※旧 名西スマイリーズ監督ブログ

「2012年度 オフィシャルソフトボール・ルール改正と修正点」

今日は、前回の続きと言うことで・・・
2012年度 オフィシャルソフトボール・ルール改正と修正点について・・・
お伝えしたいと思います。

前回もお話したように・・・
「オフィシャルソフトボールルール」は、毎年のように変わりますが・・・
特に今年は、「投球規定」の内容が大幅に修正・改正されました。

従来なら、不正投球・・・いわゆるイリガリーピッチとされていた投球動作が
大幅に緩和されたり、新たに認められたり・・・と
今までのソフトボール競技を根本的に変えてしまうような内容変更がありました。

以下 「愛知県ソフトボール協会 公式ホームページ」 より抜粋 記載しました。

「投球動作」を頭の中で、イメージしながら読んで頂けると・・・
大体の感じは掴かめるかな、と思います。


0411 a
0411 b
0411 c
0411 01
0411 02

おさらいすると・・・

「クローホップ」については
従来JSAルールでは、いわゆる「ツー・ステップ」として不正投球とされていたものが、正しく投手板から蹴り出し、一連の動作であれば、「フォロースルーとみなし、クローホップとはみなさない」と、その内容が大幅に「緩和」されています。

新設された「リーピング」は
従来JSAルールでは、「ジャンピングスロー」(投手板を蹴る勢いでジャンプし、投球する)として不正投球とされていたものが、こちらも正しく投手板から蹴り出していれば、投手の軸足と自由足を含む身体全体が空中にあっても、それは「ジャンピングスロー」ではなく、「リーピング」という合法的な投球動作であると認められました。

これに伴い、6-3項「正しい投球動作」の項目も、この改正を受け、その内容が大幅に書き換えられています。

新設された項目や改正点には、すべてアンダーラインで 強調されていますので一目で分かると思います。

ただし、ここで勘違いして頂きたくないのは・・・
投手を練習している全ての子に、この投げ方を教えていいのか?と言うことです。

私の考えとしては「NG」ですね。。。

その子の将来を考えるなら・・・
まず、年齢・身体能力を考慮し、その上で従来の基本的な投球動作を習熟した子に対して、さらなるレベルアップを図るために
指導者が正しく理解し、伝達できるのなら・・・チャレンジしても良いと思います。

そうでないと・・・
「不正投球のオンパレード」と言うことにもなりかねませんし、それ以前に「投手生命」にも関わってきます。

そう考えると・・・うかつには教える事は出来ませんね!
スポンサーサイト



2012-04-11 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

エスワンクラブ ソフトボール講師

Author:エスワンクラブ ソフトボール講師
名古屋市西区で活動しているソフトボールスクール S-One Club【エスワンクラブ】のヘッドコーチ(監督)のブログです。

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

日本ブログ村 ソフトボール