FC2ブログ
愛知県名古屋市西区で活動するソフトボールスクール S-One Club【エスワンクラブ】公式ブログ。当スクールの講師 原 聖(はらさとし)がお伝えしていきます。※旧 名西スマイリーズ監督ブログ

気づかせ屋さん!

監督たるもの、選手の8倍は働くもの・・・と
ノムさんこと、野村克也監督は言っています。

監督たるもの、グランドで見せている姿はほんの氷山の一角にしか過ぎない。
グランド以外での仕事が出来てこそ、本物の監督だ・・・と。

膨大な仕事量を抱えていても、決してその苦労を表に出さない。
常に余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)の姿でグランドに立っている。

監督時代、手取り足取りの指導はしなかった野村監督。

「監督とは気づかせ屋さん」と語るように、
選手の進むべき方向を「こうした方がいい」という言い方はしないで
「こういう方法、考え方もあるよ」とささやく。

敵を知り己を知れば、百戦危うからず」という孫子の兵法がありますが、勝負の世界はこれが基本。
自分のことを知っているようで意外にわかっていない人が多い。あこがれるのは結構だが、遠くに飛ばす能力、投手で言えば速い球を投げてバタバタ三振をとる能力は天性だよ。努力してできることではなく、親から授かったもの。それを理解せずにみんな間違った方向に進んでいく。そうならないように監督・コーチが気づかせてあげる。

人それぞれ個性があり、それを生かすように気づかせる・・・

メジャーリーグには「教えないコーチが名コーチ」という言葉もあります。
逆に日本のコーチは教え過ぎだと言われます。よくいえば仕事熱心ということなのかも知れませんが、選手は自立しないし、依頼心ばかり育ってしまいますね。

野村監督の指導哲学の根底には、人間を育てることが掲げられています。
人間性が乏しければ野球でも成長はないと主張しています。野球に限らず、全てのスポーツに同じことが言えると思います。 
監督として招聘されたチームでまず行うことは、ミーティングを行って人間としての倫理・規範を説くことでした。そして、現代においてプロ球団ではミーティングをほとんどやらないとボヤいていました。

「人づくり」を基本にして、考えることの大切さを説いた野村監督の指導・・・
私も見習っていきたいと思います。
スポンサーサイト



2012-03-06 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

エスワンクラブ ソフトボール講師

Author:エスワンクラブ ソフトボール講師
名古屋市西区で活動しているソフトボールスクール S-One Club【エスワンクラブ】のヘッドコーチ(監督)のブログです。

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

日本ブログ村 ソフトボール