FC2ブログ
愛知県名古屋市西区で活動するソフトボールスクール S-One Club【エスワンクラブ】公式ブログ。当スクールの講師 原 聖(はらさとし)がお伝えしていきます。※旧 名西スマイリーズ監督ブログ

教うるは学ぶの半ば。。。

森福允彦(もりふく まさひこ)。。。

先の日本シリーズをご覧になった方なら、この名前を聞いてピンとくることでしょう。

そうですね。
今年2011年の日本シリーズ 第4戦 2対1でホークスリードの6回・・・
先発D.Jホールトンがノーアウト満塁のピンチを招き降板・・・あとを受けた森福が代打・小池正晃を空振り三振、続く平田良介を浅いレフトフライ(レフト内川の好守)、さらに谷繁元信をショートゴロに抑えて見事、無失点で切り抜けました。この回の攻防がシリーズの流れを変えましたね。。。その立役者が森福です。

自分としては、この回の攻防もそうなんですが・・・
シリーズ 第7戦のテレビ中継で、ゲスト解説で来ていた 森福の師匠 ノムさんこと野村克也氏のコメントがもっとも印象に残りました。

森福はプロ入団前に社会人野球のシダックスに所属。野村氏は当時の監督でした。

野村氏いわく・・・
「私はこの年になって選手(森福)に教えられました。ドラフト前に私は森福にプロ入りを反対したんです。身体が小さいし、球も遅い。プロではしんどいと・・・」

続けて・・・

「でもピッチャーはスピードではなく、やはりコントロールなんですね・・・」

野村流ボヤキどころか、大絶賛された森福も森福で凄いですが・・・
名監督の地位を確立している野村氏も正直に自分の気持ちを公衆の前で言った・・・やはり凄いです。。。

「教うるは学ぶの半ば・・・」ですね。

森福允彦。。。
ソフトバンクホークス 投手。 身長170cm 体重65kg 背番号19は、野村克也氏が現役時代(南海ホークス時代)につけていた番号。 

「身体が小さいからプロになれないと思ったことはない。諦めずにやった結果が、今なんだと思います。小さな身体でもプロでできるんだということを、特に子供たちに見てもらいたいし、感じてもらいたいんです」・・・と小さな大投手は語っています。かつての師匠が南海ホークスで背負った「19」が、輝いて見えているのは私だけでしょうか???

なお、日本シリーズ 第4戦 森福が無失点で切り抜けた時の地上波での瞬間最高視聴率は21.7%を記録。また、江夏の21球に森福をだぶらせ、各メディアなどで「森福の11球」として取り上げられ・・・はや伝説となっています。

森福允彦投手について興味のある方は・・・下記をクリックしてくださいね!

森福允彦 ウィキペディア

森福の11球 YouTubuより 
スポンサーサイト



2011-12-30 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

エスワンクラブ ソフトボール講師

Author:エスワンクラブ ソフトボール講師
名古屋市西区で活動しているソフトボールスクール S-One Club【エスワンクラブ】のヘッドコーチ(監督)のブログです。

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

日本ブログ村 ソフトボール